Gallery Samurai ギャラリー サムライ 日々雑記

gsamurai.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 27日

New! 広重 東京花名所 堀切・品川 明治判

f0188823_16225222.jpg
¥35,000
歌川広重 Hiroshige
江戸時代作、明治の刷り made in Edo period, printed in Meiji

 歌川広重の東京花名所図です。上は堀切菖蒲園、下は品川の紅葉鑑賞です。

 堀切菖蒲園は、室町時代の頃堀切の地頭久保寺胤夫が、家臣宮に命じて奥州郡山附近の安積沼から種子を持って来て自邸に培養させたのが始めと言われています。
 また、広重のほかにも春信の錦絵や名所案内、紀行文にもこの地の菖蒲園の事が記され、江戸時代には、広く知られていたことがわかります。
 今日現在もこの当時在った数多くの菖蒲園は埋め立てられたり、住宅街となってしまいましたがこの堀切菖蒲園は残っておりに訪れ、今なお見事な菖蒲花見遊山をすることが出来ます。

 続いて品川の紅葉といえば、江戸の最大の紅葉の名所として知られた南品川の海晏寺の風景です。青物横丁の駅から徒歩5分ほどのこの海晏寺、現在も参拝可能です。

 二版が一枚の紙に刷られたまま、裁断前の作品、この様な状態のものはとても珍しいです。
 広重のオリジナルの判を使用して、明治12年に刷られました。従って、絵柄は広重のまま、明治ならではのかなり明るい色遣いに仕上がっているのが面白いです。
 珍しい浮世絵をお探しの方にお勧めです。

 また、額装してインテリアとしてもお勧めです。
 明るくポップとも言える色調でこちらを飾ればぱっとお部屋が明るくなります。紅葉も、今の季節にぴったり。懐かしいのに新鮮な一品。季節のインテリアとして。

[PR]

by gallerysamurai | 2008-09-27 16:23 | UKIYOE-PRINTS 浮世絵


<< New! 広重 東京花名所 不...      New! 広重 富士三十六景 ... >>