Gallery Samurai ギャラリー サムライ 日々雑記

gsamurai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:UKIYOE-PRINTS 浮世絵 ( 8 )


2008年 10月 30日

国周 Kunichika

f0188823_21433584.jpg

豊原国周 Kunichika (1835-1900)
葵イグサ松の裏園 
[PR]

by gallerysamurai | 2008-10-30 21:49 | UKIYOE-PRINTS 浮世絵 
2008年 10月 30日

國明 Kuniaki

f0188823_2127273.jpg

歌川国明 Kuniaki (1835-1888)
局岩藤 Kabuki-e, Tsubone Iwafuji
¥40,000

お局 岩藤の策略に陥れられ、無実の罪を着せられた上、草履で打たれるという屈辱を受け自害した中老 尾上の無念を、召使のお初が仇討ちで果たすという“女の忠臣蔵”と呼ばれる演目
[PR]

by gallerysamurai | 2008-10-30 21:40 | UKIYOE-PRINTS 浮世絵 
2008年 10月 30日

広重 Hiroshige

f0188823_21202381.jpg

歌川広重 Hiroshige (1797-1858)
富岳三十六景 桒名 36 view of Mt.Fuji, Kuwana
¥50,000
[PR]

by gallerysamurai | 2008-10-30 21:21 | UKIYOE-PRINTS 浮世絵 
2008年 10月 30日

広重 Hiroshige

f0188823_21153431.jpg

歌川広重  Hiroshige(1797-1858)
東海道五十三次 奥津 53view of Tokaido, Okutsu
江戸時代 Edo 
¥40,000
 
[PR]

by gallerysamurai | 2008-10-30 21:18 | UKIYOE-PRINTS 浮世絵 
2008年 09月 27日

New! 豊原国周 役者絵

f0188823_1661668.jpg
¥30,000
豊原国周作 Kunichika(1835-1900)
明治10年の作 printed in1878

 幕末明治期に活躍した絵師。『開化廿四好 こうもり傘』の市川左團治の暁星五郎です。
 コウモリのその表現が秀逸。左團治のきり結ぶ印を見るとこのままドロンとしそうですね。背景のこうもり傘を持つこどもが面白い。

 明治10年の作品、状態は良好です。

 明治浮世絵の三傑のひとりと言われた国周は、本名を荒川八十八と言い、初め豊原周信に学び、後に三代歌川豊國に入門、その門下で一鴬斎とも称し、当時よりなかなかの売れっ子の絵師となり、役者絵の第一人者と称されました。また国周は明治の写楽とも称されました。国周こぼれ話としては、彼は転居魔で有名でその回数は一説に110回以上、娶った妻を変えること40数度。豊原国周は自ら「絵は北斎に及ばないが、転居の数は彼に勝っている」と誇っていたらしいです。個人的には奥さんの数の方が気になります。

 本作を含め『開化廿四孝』シリーズは、文明開化のイメージと歌舞伎の伝統的画題とのギャップが何とも味わい深いです。ただ、否応なしに流される時代の波をも感じさせ、その物悲しさも魅力的と言えます。
強いお酒を飲みながら愛でたい一品。お手頃価格でのご用意です。

[PR]

by gallerysamurai | 2008-09-27 17:17 | UKIYOE-PRINTS 浮世絵 
2008年 09月 27日

New! 広重 東京花名所 不忍池・入谷 明治版

f0188823_16292964.jpg
SOLD! Thank you!
歌川広重 Hiroshige
江戸時代、明治の刷り made in Edo period, printed in Meiji period

 現在も観光名所で知られる『上野』は『不忍池』の『蓮の花』と、『恐れ入谷』の、で有名な『入谷』の『朝顔』。
 こちらは江戸名所の版画ですが、明治期になり、輸入可能になった強い色彩の色が使われています。毒を含んだような色彩が、明治初期の新しい物に対する高揚感を今なお伝えています。

 とても面白いのがこの朝顔と蓮の画面を占める大きさ。人物と比べても大変に大きいでしょう。遠近法の面白さと、花の生々しい描写、また、花と観光地をうまく結びつける宣伝の上手さも見所。江戸−明治当時の人間が、これを見たら実際に行ってみたくなった事でしょう。

 こちらも、堀切・品川の版と同時に制作されたと思われる、2画が切り取られていない状態の珍しいものです。
 明るくpopとも言える色調の浮世絵。インテリアとしてもお勧めです。江戸期の物もシックで良いですが、こちらを飾ればぱっとお部屋が明るくなります。
[PR]

by gallerysamurai | 2008-09-27 16:27 | UKIYOE-PRINTS 浮世絵 
2008年 09月 27日

New! 広重 東京花名所 堀切・品川 明治判

f0188823_16225222.jpg
¥35,000
歌川広重 Hiroshige
江戸時代作、明治の刷り made in Edo period, printed in Meiji

 歌川広重の東京花名所図です。上は堀切菖蒲園、下は品川の紅葉鑑賞です。

 堀切菖蒲園は、室町時代の頃堀切の地頭久保寺胤夫が、家臣宮に命じて奥州郡山附近の安積沼から種子を持って来て自邸に培養させたのが始めと言われています。
 また、広重のほかにも春信の錦絵や名所案内、紀行文にもこの地の菖蒲園の事が記され、江戸時代には、広く知られていたことがわかります。
 今日現在もこの当時在った数多くの菖蒲園は埋め立てられたり、住宅街となってしまいましたがこの堀切菖蒲園は残っておりに訪れ、今なお見事な菖蒲花見遊山をすることが出来ます。

 続いて品川の紅葉といえば、江戸の最大の紅葉の名所として知られた南品川の海晏寺の風景です。青物横丁の駅から徒歩5分ほどのこの海晏寺、現在も参拝可能です。

 二版が一枚の紙に刷られたまま、裁断前の作品、この様な状態のものはとても珍しいです。
 広重のオリジナルの判を使用して、明治12年に刷られました。従って、絵柄は広重のまま、明治ならではのかなり明るい色遣いに仕上がっているのが面白いです。
 珍しい浮世絵をお探しの方にお勧めです。

 また、額装してインテリアとしてもお勧めです。
 明るくポップとも言える色調でこちらを飾ればぱっとお部屋が明るくなります。紅葉も、今の季節にぴったり。懐かしいのに新鮮な一品。季節のインテリアとして。

[PR]

by gallerysamurai | 2008-09-27 16:23 | UKIYOE-PRINTS 浮世絵 
2008年 09月 27日

New! 広重 富士三十六景 房州保田ノ海岸

f0188823_15484619.jpg
¥50,000
歌川広重 Hiroshige
江戸時代 Edo period

 歌川広重、人気の富士三十六景シリーズより。江戸時代の刷りです。
 こちらの作品は時代物ですのでダメージはありますが、色は比較的きれいに残っています。実物は写真よりも、色彩が上品な印象。

 言わずと知れた国内外でも人気の作家、広重。主に風景画に定評があります。
 この作品でも最小限の線で表現された富士山と、旅情を誘う、淡々と歩く旅人、そしてこの、激しく打ち寄せる波をご覧下さい。風景や空や人物が非常に穏やかなのに対し、荒々しいとも言える非常に躍動感のある波。そのしぶきや波の音まで感じられそうな表現力は、制作後数百年たった今でも見る人の心を揺さぶります。どれだけ多くの江戸の人々が、これを見て旅に出た事でしょうか。

 この保田海岸は、日本海水浴発祥の地、との事です。

 細部の写真をご希望の方、より詳細ご希望の方はぜひお気軽にメール、お電話にてご連絡下さい。
[PR]

by gallerysamurai | 2008-09-27 15:52 | UKIYOE-PRINTS 浮世絵